読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『いろいろな角度から節約、貯金について考えてみる』

意識や考え方、見方をちょっと変えれば節約になる?!

料理ができなくてもランチ代の節約はできる!

節約で真っ先に思い浮かぶのが「食費の節約」


特に職場でのランチ代をお弁当を持参して節約、と考える人も多いと思います。実際周りを見ると、やはりお弁当持参多いです。

 

しかし私は料理が大の苦手。でもそのせいで毎日のランチ代を、節約出来ないのも悔しい(笑)!なんとかできないものかと。

 

そこでいろんな本読みました。「10分で作れるお弁当術」や「材料費を抑えて節約お弁当」などなど。「時間が短ければ面倒くさがらず作れるのではないか」「材料費がかからなければさらに節約になるのではないか」等、思ったわけです。

 

でもそもそも料理苦手な人が10分でお弁当作れるわけないし、材料費抑えるにも、それらの味付けに使う調味料がなくて(笑)それらを揃えるところからスタートだったり…

 

まー読むだけで作ることもなく、終わってしまいましたよね(涙)

 

しかしある日ネットで調べていると「おかずは冷凍食品を詰めるだけ。あとは自分でご飯を詰めるだけ」という記事を見かけました。「確かに最近の冷凍食品は安くて、美味しい。しかも自然解凍だから、職場にレンジが無くてもイケる!?」しかも簡単そう!これなら料理できなくても出来るかも?!


早速やってみました。ら、これが今も続いています!ホント楽!


休みの日に冷凍食品のおかずを買いだめ(小分けになってるのがお弁当にすぐ入れやすくてグッド)

出勤前好きな冷凍食品を詰めて、ご飯を詰めて完成。

ランチ代が浮く

 

これだけ!

 

もちろん材料費かかってますが、1食5~700円のランチと、6個入り180円前後のおかずを何種類か組み合わせ+ご飯=200円くらいのお弁当と考えるとだいぶ節約です。

 

なので「料理が出来ない」=「お弁当が作れない」ではないという事!出来ないなら出来ないことをまず前提に、「それでもどうにかならないか?」を考えてみると別の方法が見つかったりするんだなと。諦める前に、もう少しだけ頑張って考えると節約の方法見つかったりするのかなと思いました。