読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『いろいろな角度から節約、貯金について考えてみる』

意識や考え方、見方をちょっと変えれば節約になる?!

ストレス解消にお金は必要か?!①

生きているとストレスの悩みは尽きません。職場で上司に怒られた、PCが壊れた、電車が遅延した…などなど、ストレスに感じる内容は人それぞれですが、やはり溜まるストレス。


このストレスを、買い物をして発散したり、飲みに行ったり、スイーツ食べまくったり、等、いろんな方法で解消する人多いと思います。

 

でもこれらの発散方法はどれもお金がかかる…しかも結構な金額になることが多いです(涙)これでストレスは発散できても、貯金は溜まりませんよね。

 

そこで「ストレスをなるべく感じない自分」「ストレスに強くなる自分」つまり内面を鍛えようと思いました。

 

まずは少しずつですが「物事のとらえ方、見方を変えてみる」ことから始めてみました。

 

例えば上司が「仕事が遅い!」と怒ってきたとします。そうすると怒られたことがストレスになり、その上司に苦手意識が出来、同じ職場で働くのすら、ストレスになります。

ですが上司は「仕事が遅い」と注意しただけで、自分の人格まで否定してきたわけではありません。怒られると自分の全てを否定されたような気がして、落ち込み、時には反発したくもなります。


でもそこを少し冷静になって「こういう言い方をする人なんだな」程度に捉えておけば「怒られた」という意識は自分の中で薄くなり、あまりストレスが溜まらないようになりました。

さらに勇気を出して、「仕事が遅い」と言ってきた上司に「ではどうすれば効率よくこの業務ができますか?」等言い返してみたり(そう言い返すと大体的確な返事は返ってきませんが笑)


残念ですが、人(他人)は自分では変えられません。でも自分で自分自身を変えることは出来ます。

それこそ「貯金をしたい自分」「ストレスに負けない自分」も自分の意志で変えていくことが出来ます。

 

話が貯金や節約の話と少しズレましたが、お金が出ていく原因も探って、自分に出来ることは何かを考えるのも大事だなと思います。

洋服代はやっぱり着回しで節約だけど…

女性の服の流行はめまぐるしく変わり、その度に服を買ってたらお金はすぐになくなります。最近は流行の服を安く買えたりして、その流行シーズンだけ着られればいい、というのもありますが、着なくなった服はタンスの肥やしになり、勿体なくて捨てられず、服があふれる、という状況もあります。


なので最近は流行に左右されず、長く着られる、自宅で洗える丈夫な服、を選んで買ってます。あとは仕事柄オフィスカジュアルなので、仕事にも着て行って大丈夫な服、も選ぶ基準です。

 

…と、服にアレコレ求めすぎると同じような服しか買わなかったり、値段も高くなったり、なかなか難しいです。安い服も悪くないのですが、やはりすぐ毛玉が出来たり、生地が薄かったりと、結果的に着なくなってしまうことが多かったです。「服の数があればいい」ってもんでもないんだなと学びました(涙)

 

なので普段、着まわせる服の中に少しだけ、安くてもそのシーズンだけでいいと割り切り、流行のものを取り入れたり、差し色(着まわせる服だと黒やベージュばかりになるので、差し色に赤やブルーなど、華やかに見える色)を買い足して、着回しの幅を広げています。


「同じ服ばかり着てる」と職場や周りの人に思われるのも、少し恥ずかしいですしね(気にしなければよいのかも知れませんが)社会人として多少の見栄えも気にしてみたり。


服を買いたくなくて、一つの服にいろいろ求めてしまう私ですが、着回しパターンがマンネリ化してきた時、流行を取り入れたくなったら、それを取り入れても着回し出来るか?を考えて最近は服を買ってます。


それでもバーゲンやセールを見かけると、ついつい買ってしまいそうになるので、まだまだ服に関しては節約の鍛錬が必要な私です(笑)

健康は節約!

人間ケガや病気もせず健康に過ごしていると気づきませんが、ある日突然ケガをしたり、風邪を引いたりすると、思わぬ出費になることがあります。

 

なのでケガも病気も、自分の出来る範囲で予防するのは大切だなと思います。

 

今年の冬、私は出掛けるときはほとんどマスクをし、帰ってきたら必ず手洗い、うがいをしました。その結果、今年は風邪やインフルエンザになることもなく過ごせています(まだこの先油断はできませんが!)


また、食事はなるべく、バランスのよい食事を心がけています。と、言っても働いていると、栄養バランスはなかなか難しい所もあります(料理が苦手だから特に)
でもなるべく野菜も食べる、水分を摂る等、心がけで難しくない範囲で、健康にを気遣うのは大事だと思います。
栄養が偏ると体調悪くなって、仕事に行けなかったり、好きなこと出来なくなったり、もっと悪くなると病院で医療費がかかってしまいます。

 

ケガも、突然の事故など防ぎようのないものもありますが、歩きながらスマホをいじらない、夜自転車に乗る時はライトを付ける、無理な横断はしない、など、マナーを守れば、思わぬケガに遭遇する可能性はだいぶ減ります。


日々平和に生きているだけで、節約になっていた!(笑)

 

当り前だから気づかない所ですが、病気になって初めて気が付く、健康のありがたみ。

広告を非表示にする

コンビニとの上手な付き合い方。

以前「コンビニは便利ゆえ、ちょっとずつお金がなくなってしまう」と書きましたが、見方を変えればコンビニで無駄にお金を使うことがなくなると思います。

 

それは「コンビニを特別視する」ことです。コンビニは24時間空いていて、どこにでもある、身近なお店です。ですが、そこをあえて「特別視」!

 

まずコンビニって商品が定価で売っている。例えばリップクリームをコンビニで買うと600円くらいするが、ドラッグストアで買うと400円くらいの値段で売ってたりする。飲み物や一部のお菓子なんかも、スーパーの方が安かったりする。

そう考えると特別緊急でない限り、少し遠くてもスーパーやドラッグストアまで足を運んで安い方を買うほうが節約になる。運動にもなる!

 

そして自分が一番コンビニを特別に思っているのが「スイーツ」!

 

最近のコンビニスイーツは見た目も拘ってて可愛くて、ケーキ屋さんに負けないくらい美味しい!そしてケーキ屋さんより安い!
…だからこそコンビニに寄ると、つい手に取ってしまいそうになります(笑)なので以前は寄ると買ってしまうのでコンビニ自体に寄らない節約をしてました。

でも!でも「やっぱり食べたい!」という気持ちはあって…

 

そこで私はコンビニスイーツを「ご褒美スイーツ」に意識を変えました。
そう、「自分にご褒美」です!

 

仕事で頑張った時、落ち込んで元気が欲しい時、お祝い気分の時、何か自分にプラスしたいと思った時、コンビニスイーツを買うようになりました。「これ食べたら元気出る!」みたいな気持ちで食べてます(笑)コーヒーも気分転換にたまに飲みます(コンビニのコーヒーも美味しい!)

 

身近にあるからこそ、気持ちの切り替えの時や、本当に必要な時にコンビニに頼る
なんでもかんでもコンビニで、よりは節約になってるのかなと思います。

料理ができなくてもランチ代の節約はできる!

節約で真っ先に思い浮かぶのが「食費の節約」


特に職場でのランチ代をお弁当を持参して節約、と考える人も多いと思います。実際周りを見ると、やはりお弁当持参多いです。

 

しかし私は料理が大の苦手。でもそのせいで毎日のランチ代を、節約出来ないのも悔しい(笑)!なんとかできないものかと。

 

そこでいろんな本読みました。「10分で作れるお弁当術」や「材料費を抑えて節約お弁当」などなど。「時間が短ければ面倒くさがらず作れるのではないか」「材料費がかからなければさらに節約になるのではないか」等、思ったわけです。

 

でもそもそも料理苦手な人が10分でお弁当作れるわけないし、材料費抑えるにも、それらの味付けに使う調味料がなくて(笑)それらを揃えるところからスタートだったり…

 

まー読むだけで作ることもなく、終わってしまいましたよね(涙)

 

しかしある日ネットで調べていると「おかずは冷凍食品を詰めるだけ。あとは自分でご飯を詰めるだけ」という記事を見かけました。「確かに最近の冷凍食品は安くて、美味しい。しかも自然解凍だから、職場にレンジが無くてもイケる!?」しかも簡単そう!これなら料理できなくても出来るかも?!


早速やってみました。ら、これが今も続いています!ホント楽!


休みの日に冷凍食品のおかずを買いだめ(小分けになってるのがお弁当にすぐ入れやすくてグッド)

出勤前好きな冷凍食品を詰めて、ご飯を詰めて完成。

ランチ代が浮く

 

これだけ!

 

もちろん材料費かかってますが、1食5~700円のランチと、6個入り180円前後のおかずを何種類か組み合わせ+ご飯=200円くらいのお弁当と考えるとだいぶ節約です。

 

なので「料理が出来ない」=「お弁当が作れない」ではないという事!出来ないなら出来ないことをまず前提に、「それでもどうにかならないか?」を考えてみると別の方法が見つかったりするんだなと。諦める前に、もう少しだけ頑張って考えると節約の方法見つかったりするのかなと思いました。